神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!

2024春闘


3.3春闘総決起行動

 

3.3春闘総決起行動チラシ(表・裏)

川柳応募フォーム

https://forms.gle/hjFKdqwyH6bvQmV96

 

   

春闘ビラ

24春闘ニュース

春闘ニュース_2024/1/24号

春闘ニュース   2024/2/7号

春闘ニュース 2024/2/21号

 

年末一時金集計情報

👉こちらからご覧いただけます

 

24春闘・全県一斉宣伝 スケジュール

・川崎労連 2/4(日)10時半 武蔵溝の口駅
・川崎労連 2/18(日)10時半~11時半 川崎駅東口
・鶴見区労連 2/18(日)14時~ 鶴見駅東口
・横浜地区労 2/18(日)11時~12時半 桜木町駅北口広場
・横浜南部労連 2/18(日)11時~ 上大岡駅
・横浜西部労連 2/18(日)14時~ 二俣川駅
・横浜北部地区労 2/18(日)10時~ 十日市場駅
・戸塚地区労連 2/18(日)11時~ 戸塚駅デッキ
・横三労連 2/18(日)15時~ 横須賀中央Yデッキ
・湘南労連 2/25(日)13時半~ 藤沢駅南口2階
・西湘労連 2/17(土)10時~ 小田原駅東口
・相模労連 2/21(水)18時半~ 相模大野駅

地域の春闘宣伝の様子

2.4/2.18川崎労連

川崎国民春闘共闘会議・川崎労連は、2月4日(日)溝の口駅近辺、2月18日(日)川崎駅東口10時半からにおいて春闘宣伝を行いました。川崎は地理的に縦に長いことから、溝の口駅と川崎駅の2回に分けて行いました宣伝では物価上昇を上回る賃上げの必要性やその実現、非正規労働者の格差解消と安定雇用、労働組合への加入の呼びかけ、自民党の裏金問題、ストライキによる要求実現、税・社会負担について呼びかけをしました。また、「労働組合で声を上げれば賃上げできる」のタイトルのビラとアンケート付きの春闘ビラの2枚を織り込んだティッシュを配布。2回の宣伝でティッシュ1000個、また能登半島地震の被災者支援募金も行い多くの募金も寄せられました。2/18の宣伝では、冒頭にうたごえの皆さんにも5人参加していただき、冒頭に「翼をください」「勝利の朝を信じて」、中間に「ねがい」「人間のうた」「青い空は」の計5曲を歌っていただきました。2人連れの年配の女性などが立ち止まって聞き入っている姿を見かけました。最低賃金めざせ1,700円のプラスターに視線を寄せる多くの人がいました。

 

2.18鶴見区労連

鶴見区労連は、JR鶴見駅前で「春闘一斉宣伝」を行いました。統一チラシとポケットティッシュを賃金引上げや社会保障の拡充、自民党の裏金問題など国民春闘で要求を前進しようと呼びかけながら配布しました。日曜日14時からの宣伝ため、平日通勤時間帯よりも通行人は少なかったですが、朝の宣伝より多い460枚を配布。労働組合に入って、作って、賃金引上げや、参加者の職場実態や賃金引上げ要求のリレースピーチに、高齢女性から「物価が上がって生活が大変」、別の男性からは「大企業は賃上げ、中小企業はそう簡単じゃない」と対話や激励もありました。賃金引き上げや労働組合への関心と期待を感じる宣伝でした。画像【宣伝後に参加者13人で大幅賃上げを勝ちとろうと「団結がんばろう」】

 

2.17西湘労連

西湘労連は、2月17日に小田原駅で全県一斉宣伝をとりくみました。15人の仲間が10時に集合し、ビラ折りなど準備をはじめ、10時30分頃より音での訴え、配布行動にとりくみました。西湘労連の池田議長より、日本の異常に低い賃金状況などを話しながら、「労働組合加入して大幅賃上げを実現しましょう」、「今すぐ最低賃金を1500円に」などと訴え、応援してくれる方もいました。チラシとティッシュのセットは、約700を配布できました。

 

 

 

2.18横三労連

横三労連は、2月18日の15時から横須賀中央駅Yデッキ

の下の場所で宣伝を実施しました。横断幕やのぼり旗を立て、独自のゼッケンも作成して道行く市民にアピール。田中事務局長や藤枝事務局次長などがマイクで訴えました。通行人の男性は、「岸田首相の進めている大軍拡はとんでもない。テレビを見ていてむかむかする。使い方を変えるべき」と怒りを述べ、、高齢の女性は「なんでもが高くなっていて困る」と生活の厳しさを訴えていました。用意したチラシとティッシュのセットはすべて配布しました。横三労連では、4月にも地域配布行動を計画しています。

 

2.18鎌倉労連

鎌倉労連では、2月18日の10時に労連事務所に6人が集合し、地域配布行動を行い、当日は1200枚を配りました。当日に参加できなかった、鎌倉市職労と神奈川土建支部は、別日程で事務所のまわりなどに配布することになっており、2千枚の配布を計画しています。

2.18横浜地区労

2 月 18 日(日)、春闘の一斉宣伝行動が行われました。大幅な賃上げを求めて全国の労働組合で春闘が取り組まれる中、「すべての労働者の賃上げ」
「労働組合に入って賃上げを実現しよう」「最低賃金を今すぐ 1500 円に引き上げよう」などと
呼びかけが大きな共感をもって受け止められたことを実感できる宣伝行動となりました。
横浜地区労は JR 桜木町駅前広場にて、11 時から12時 30 分まで宣伝行動を行い、19 組から 34 人の仲間があつまり、1500 個のビラ・ティッシュを配布しました。
横浜地区労の宣伝行動では恒例となっているパンダくんが登場。子どもたちが列をなしてパンダくんと握手し、風船を受け取り、記念撮影。お父さんお母さんには宣伝ビラをお渡ししました。
参加者からは「とても受け取りが良くて驚きです」「今日は一人で来ましたが、組合員ももっと誘えばよかった」「パンダは暑かったけど、子どもたちと触れ合えて楽しかった。来年もやりたいです」などの感想が出され、楽しく元気の出る行動になりました。
同時に取組んだ「能登半島地震救援募金」には、たくさんの募金が寄せられました。この募金は全額、全労連を通じて被災自治体に届けられます。

 

24国民春闘方針案

👉24国民春闘方針案(県春闘共闘

👉24国民春闘方針案(第4次案、最終)

 

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP