神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!
ブラック労働情報 労働時間・過重労働 賃金・残業代不払い

2017年3月26日

アルバイトのマネージャーなのに・・・辞めるには姿を消すしかない

■お名前(キー君、男性、20歳代)

■雇用形態(パート・アルバイト)

■ブラック労働の実態・経験内容

アパレルの小さい会社ですがアルバイトとして働き始め、現在もアルバイト雇用ですがマネージャーとして勤務しています。月の休みは最高でも5日間、ここ数年は月に多くて3日程しか休みはなく、休みの日でも仕事はします。昨年の4月下旬から11月上旬までは1日も休みがありませんでした。労働時間も9時30分~23時30分と拘束時間も長く、他のスタッフよりも仕事量は多いです。そして福利厚生もなく手取りで16万円ほどです。そこから生活費をねん出できるワケもなく、現在はその場しのぎで暮らしています。退職したいと申し出ても、無責任だと言われたりマネージャーが辞めたらどうなるんだと必要以上に強く言われ発言自体も無かったことにされ続けています。社員雇用ではなくアルバイト雇用でここまでする必要性も感じず、どうしたら辞められるのか、辞めるにはもう姿を消すしかないのかと考えるざる終えません。

★「告発!ブラック労働」の書き込みはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_01

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP