神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!
最低賃金について

最低賃金を1500円に!Fight for 1500


最低賃金を1500円に!
damp

地方議会からも意見書続々!

2018年度の最低賃金の引き上げ要請の意見書が8議会(①横浜市議会②川崎市議会③海老名市議会④小田原市議会⑤葉山町議会⑥厚木市議会⑦綾瀬市議会⑧藤沢市議会)から出さて、7月2日の神奈川最賃審議会で配布されました。今後は県を含めて34の全自治体から意見書を出させるような取り組みも求められています。

特に2020年に全国平均で時給1000円を実現するといった鳩山内閣時代の政労資合意が安倍内閣にも引き継がれ、政権公約になっていたはずなのに、いつの間にか「2020年代には実現」と大幅に先送りされようとしているくま。勝手に先送りを許さない取り組みが、今すぐ大幅引き上げを求める取り組みがとっても大事です。

8議会の意見書を見ると、積極的な側面と同時に共通した問題点もあったよ。多くに共通するのは、①働き方改革実行計画を積極的に評価し、最賃の引き上げと合わせて労働生産性向上を求めていること。労働生産性は中小企業が必死に努力しても下請け単価を引き下げられれば、労働生産性は低くなります。

大企業がコスト面で競争力を発揮しようとして、下請け中小企業の単価は引き下げられ、労働生産性も下がるというサイクルを繰り返してきた日本の現状に目を向けていないんです。②数字には明示されていないけど、1月の労働時間を正月も夏休みも祝祭日も一切休まずに週40時間働いたとした、単なる計算上の数字・残業時間は除いて所定労働時間だけで月173.8時間働くとして年収などを計算しています。③藤沢市を除いて、内閣総理大臣や厚労大臣には宛てられていない。中央最賃審議会に一番の問題があるんだから、厚労大臣宛てが必要だと思います。

FIGHT FOR 1500実行委員会2019立ち上げ&最賃UP行動のスタート学習集会

tumblr_inline_prjf7qgiLV1rdta81_1280

最低賃金を1500円に!

2011年6月から6年半、国と神奈川労働局長を相手に闘った神奈川最低賃金裁判は、2017年10月18日に最高裁判所から、「上告棄却・上告申立不受理」の判決が下される残念な結果となりました。

が、しかし最低賃金で働く当事者が全面に立って裁判所に訴えた意義は大きく、世論を動かし最賃運動の前進にも寄与したことは間違いありません。

2018年5月には、幅広い呼びかけを行い、FIGHTFOR1500実行委員会2018を立ち上げ、7月15日の「希望のダンプデモ」を成功させました。

最低賃金の引き上げは時間給労働者・非正規労働者だけの問題ではなく、労働者全体の賃金改善につながります。

2019年も実行委員会を立ち上げました。

この集会を2019年最賃引き上げ運動のSTARTダッシュとして位置づけ、北海道労連の実践事例と最低賃金1500円の意義を学びます。

横浜ビブレ前宣伝&コンビニ訪~問

4月26日に「2019最賃行動のスタート学習集会」を開催し、正式にFIGHT FOR 1500実行委員会を立ち上げました。

tumblr_inline_po6yuxRnPb1rdta81_1280

FIGHT FOR 1500実行委員会は6月1日の「横浜ビブレ前宣伝&コンビニ訪問行動」を皮切りに宣伝をスタート

tumblr_inline_pcrkvyJsm91rdta81_1280

7月15日「7・15希望のダンプカーデモ」

8月5日「神奈川地方最低賃金審議会の座り込み行動」

を通じて「最低賃金1500円の実現」へのながれを作っていきます。

ぜひ参加してください!

日時:2019年6月1日(土)16時30分~17時30分

場所:横浜駅西口「ビブレ」前集合

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP