神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!
パワハラ ブラック労働情報 労働時間・過重労働

2018年5月19日

過度のストレスと吊るし上げてダウン

トラック■お名前(職場復帰、男性、50歳代)

■雇用形態(正規)

■ #ブラック労働 の実態・経験内容

私は運転手の仕事をしておりますが、以前から職務上のことでストレスを抱えております。具体的には重量物の配送を担当しておりますが多くの配送先が敷地が狭いうえに突起物や移動物が多くしかも過積載や路上駐車なども余儀なくされ事故のリスクが非常に高い業務を担当しております。ですからあちこちで接触事故が起きており、到底安全性を保つことが困難な状況下での職務となります。かといって実際に接触事故を起こすと「安全研修」と称して幹部社員からつるし上げを食らうものですから日々神経を研ぎ澄ませて職務を遂行しなければならないため非常に精神的そして肉体的にも極度の負担がかかり、体調を崩し現在自宅療養中でしばらく休養が必要となっています。私自身このままではいけないと思いますし、早く職場に復帰しなければなりませんが会社との交渉を私一人で進めていくには不安があります。何かいい方法がないかとメールしました。

★「労働相談」のメールフォームはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_02

★「告発!ブラック労働」の書き込みはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_01

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP