神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!
ブラック労働情報 労働条件の不利益変更・解雇

2018年6月16日

解雇に備えて・・・

smartphone3_man■お名前(フレッシュ、男性、20歳代)

■雇用形態(正規)

■ #ブラック労働 の実態・経験内容

退職予定の方の引き継ぎ後任者として今春に採用になりました。ところが全社員が退職を予定しているため、「引き継ぎの必要がない→私は不要なので退職させる」という話が出たそうです。退職させられることは一切未練などはなく問題ないのですが、解雇予告手当を請求したいと思っております。解雇予告手当を確実にもらうつもりで、即日解雇を通告された場合、①解雇についてはスムーズに了解して問題ないでしょうか、②社長に要求する解雇通知書と解雇理由証明書についてはどのタイミングで請求したらよいでしょうか。また、当日に日付やサイン、理由内容を記入してもらうよう雛形を用意していってもよいでしょうか。そのほか、なにかアドバイス等ありましたら教えていただけましたら幸いです。なお、私は問題を起こしたことなく模範的な社員として業務を携わっておりました。経営陣のトラブルで会社が分立し、全社員退職となった様です。

★「労働相談」のメールフォームはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_02

★「告発!ブラック労働」の書き込みはこちらす→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_01

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP