神奈川労連

憲法を職場と暮らしに活かそう!あなたも労働組合へ!
ブラック労働情報 労働契約・法規違反 労働条件の不利益変更・解雇

2017年1月10日

労働相談・一週間の声

【12月28日~1月9日は17件の相談でした。先週の概要】

神奈川労連・労働相談センターではみなさんからのお問い合わせに解決に向けたアドバイスをさせていただいています。 労働組合への加入や団体交渉などの援助も行っています。

★「労働相談」のメールフォームはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_02

★「告発!ブラック労働」の書き込みはこちらです→http://www.kanagawa-rouren.jp/_08/_01

12月の相談117件、昨年1年間件数1386件

✥男性・契約-現場監督の仕事を始めたばかりだが、来年6月まで契約があるのに、いきなり、新しい人見つけたから辞めてくれと言われた。

✥女性・パート・50代-週4日9時から17時の勤務をしてきたが、仕事が暇だから、週3回に、時間も短くしてどんどん労働条件が切り下げられ、変更させられた。労働契約書はない。

✥男性・正規・40代-賃金の未払状況が1年くらい続いている。横浜の老舗の製造会社。倒産の危機にあるようだが、まだ銀行がついてくれているのでもっている。生活こまっている。

✥男性・正規・40代-労災事故を受け、現在も治療中。その最中に解雇通知が来た。

✥男性・アルバイト-物流センターで働いているが、仕事でちょっとしたミスでもすると、掲示板に、顔写真と注意書きが貼り出される。

✥男性・正規-ハローワークの求人、障害者雇用で試用期間は終了、新年から正規雇用のはずだったが上司のパワハラで出勤できない状態になってしまった。

✥女性・パート・40代-お正月に出勤するとインセンテイブをくれる約束だったが反故にされそう。

✥女性・派遣-金融関係に派遣されていたがそこの上司と折り合いがつかず、退職届を無理やり書かされた。契約期間あと2ケ月残っている。

✥女性・パート-スーパーで仕事して指をケガして労災にはなったが、休ませてくれない、「片手だけでやる仕事があるから出てこい」と休ませてくれない、言い争いになって、思わず辞めると言ったが撤回したい。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP